Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
晶山嵐が管理しているサイト。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

●ツイッターはこちら → 晶山嵐(@ranko_bb)

刀剣乱舞、オリジナルBLの話題など。


よくRTしている『amakawawaka』は私の3d用のアカウントです。

晶山嵐(晶山嵐子) | ask.fm/ran_syouyama 質問サイトask。質問してください。
『返信不要』と書いてくだされば、アスクで返信はしません♪ 拍手のようにも使ってください。


オリジナルBL 晶山嵐 オリジナルBLの話題は全部こちら。


MindManager 2012 Pro 私的使い方メモ MindManager 2012 Proを実際に使った上での備忘録。

●パロディ 「晶山嵐」の[pixiv]

シムズ3 プレイ記録 ネタバレあり | シムズ3で、一人で全スキル、チャレンジ、ジョブを経験させる♪ ゲーム『シムズ3』のサイトです(笑)

 

3dや2D関連のブログ。

Create3D 3DCG制作作業日記-天川和香-WakaAmakawa 3Dソフトで絵を作り、ゲームや電子出版に使う作業工程

PhotoshopCS6Extendedで遊ぶ。 Photoshopの作業記録

Create3D Shade Shadeに特化したブログです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★



【小説の書き方】ネタを作るための『見聞を広げる』とは。

小説に限らず、『何かをする』には『ネタ』が必要になる。

 

仕事をするのも『お金が必要』『この仕事が好き』という『ネタ』から始まる。

 

作品を作るためのネタとは?

作品を作るための『ネタ』は、頭の中だけで終始する。

 

『ネタ』を『集める』には『インプット』しなければいけない。

つまりは『見聞を広げる』ことが必要。

手っとり早く言うと『今までしたことないことをする』ことが必要になる。

 

それは

  • 旅行でもいいし、
  • 新たに何か始めるのでもいいし
  • ネットを徘徊していて『知らない単語』を検索するのでもいい。(←これが一番お手軽。定期的にしよう!)

 

ネタは、実は『失う』もの。

たとえば

遊戯王という漫画のファンサイトで

主人公のライバルの海馬瀬人という美少年が『天蓋付きベッド』に寝てたのね。

それを自分のサイトで『あんなアバンギャルドなベッドで寝てるから海馬はああなんだよ!』って書いてる人がいたの。

『天蓋付きベッド』って『超古典』ですから! 『クラシック』ですから! アバンギャルドの対局ですから!

多分『金持ちの象徴』として描かれたんだと思う。本人超モダンだからねw

 

『天蓋付きベッド』にたいして、『アバンギャルド(前衛的)』だと『思っている』限り

調べないよね?

 

調べないから見聞広がらないよね。

ここですでに、ネタが一つなくなってるよね。

 

これが『ネタを失う』ということ。

 

 

ネタが欲しい欲しいって言っている人は

『ネタを捨てている』ことに気付かないといけない。

実際にはネタなんてどこにでもあるんだよ。

あなたが見るかどうか、なの。

 

リンゴが落ちたのを見て『落ちちゃったー』と忘れる人もいれば

万有引力の法則を見つける人もいるの。

 

蜜柑の皮をお風呂につけて長湯すると、皮膚が溶けてひりひりしてくる。

同じ原理で、

手榴弾のピンを抜いて、輪ゴムで止めた時に、蜜柑の汁をつけておくと、そのうちゴムが溶けて時限爆弾になるの。

(というネタをシュワちゃんの映画で見た)

 

 

ネタってのは結局、そういう細かいところで一つ一つ、拾っていくものなのね

だから、『知っているもの』でも『突き詰める』と『ネタになる』んだよ。

調べずに放置するから結果的に『ステタ』ことになるのね。

 

 

私のネタ集の中から、刀剣乱舞の和泉ちゃん関連ネタでこんなのを発掘した。

「君の鳳凰に合わせて、僕も龍でも刺繍しようかな」
「なんで龍? 鳳凰にしろよ。揃いになるだろ」
「龍でも揃いなのだよ」
「なんで?」
「中国では、皇帝が龍で、皇太后が鳳凰だから」

ややあって、和泉が真っ赤になった。

 

↑これって『中国では龍と鳳凰がセット』ということを知らないと出て来ないネタだよね。

私は『西太后』という映画で、

『龍は皇帝で、鳳凰は皇太后。彼女は鳳凰を龍の上に描いた』

って感じの下りで覚えた。(実際にはちがうかもしれない。使ったことないからまだ検証してない)

 

和泉ちゃんの胸の金色の鳥が、鳳凰なのか火の鳥なのかただの鳥なのかで違うけど

この時は『鳳凰』と断定してネタを作っているのね。

 

まず、和泉ちゃんの胸の鳥が『なんの鳥なのか?』という疑問を呈したから出てきたネタ。

だから『疑問』を持って『自分で回答する』と、いくらでもネタなんて降ってくるの。

 

『ネタ』を『確定』するときに重要なこと。

『断言する』ことが必要。

 

間違っていようがあっていようが『断言』して

『それをもとに』話を作るという『覚悟』が必要。

 

『断言』嫌がる人多いね。

間違ってるかもしれないから『〜みたいな』『〜のような』とかごまかすよね。

 

それをするから、作品は完成しないし、ネタも浮かばないんだよ。

 

万有引力の法則を見つけたのだって

『リンゴが落ちた』という『断言』からできたものなんだ。

『リンゴが落ちていない』状態はどういうのかと言うと。

 

今リンゴが落ちたように見えたけど、今落ちたっけ?

このリンゴ、前からここに落ちてなかった?

俺の目の錯覚じゃない?

落ちた音は他から聞こえたものじゃない?

これは今落ちたんじゃないかもしれないよね?

 

こんな『ゴマカシ』をしていたら、万有引力の法則は見つからなかっただろうw

 

 

和泉ちゃんの胸の鳥って、火の鳥かもしれないし、他の鳥かもしれないよ。

『鳳凰』って断言していいの?

 

なんて思ってたら、『鳳凰』を前提にした『龍』は出て来ないの。

 

自分の見たものを『まず断言』する。

織田信長は本能寺の変から逃げ延びた!

と断言しないと、そういう話は書けないよね?

 

逃げ延びたって言っていいのかなぁ? だって歴史的にはここで死んでるんだし……

とか、『優柔不断』にしてると、

『死んだ』という話しも『逃げた』って話しもできないの。

 

死んだなら死んだ!

逃げたなら逃げた!

と、自分の作品の中で『断言』することが必要なの。

 

これをしないから

『最初のネタ』がそもそも見つからなくて

『ネタがない』って言うはめになるのね。

 

まず『断言』する、『決定』する。

独善的に『決めつける』ことが大事。

 

自分で決めるのが不安なら

『規定』を調べるのがいい。

 

182センチの子がするっとドアから入ってきたら不自然かどうか?

  • 日本の住宅規格で、
    • 鴨居の高さが180センチ。
    • 天井高は240センチ。

 

今は洋間になって規格も曖昧になってるし

大昔は逆に規格なんてものがないから、いろいろな高さだろうけれど

『日本間は鴨居が180センチ』って『決めた』ら

175センチぐらいの子から、鴨居をくぐるときはかがませる描写を追加する

という『絶対法則』ができるわけ。

 

その時に、

  • ただかがむだけの子(目測で生きてる)
  • 鴨居に手をつく子。(目測より、自分の身体能力で差をはかる)
    • 鴨居の位置は目測で間違う可能性はあるか
      • 自分の手の位置はわかる。
      • 手をつくと『鴨居にぶつからないように』ではなく『手にぶつからないように』になる。
        • 考えなくても、鴨居の高さを見なくても、感覚的に頭を下げられる。
  • 鴨居にぶら下がるように勢い良く入ってくる子。(何事も楽しく実行する)
  • ぶつかる子。
    • たまにぶつかる。(普通)
    • 大体ぶつかる。(おっちょこちょい)
    • 絶対ぶつからない。(後ろに目がある感じで注意深い)

たかがこれだけでも性格出るよね。

 

『たまに』というのは、家具の角に小指ぶつける確率ぐらいw

 

 

ほかのことでも、これぐらい『性格で行動の差』って出るよね。

それを一覧しておくと、『注意深い子』って『ラベリング』すると

『注意深い行動』が一覧されてるから、それを書くだけでいい。

 

 

そういう細かいところでちょっとずつ『リアル感』を出していくと

全体的に『信用度の高い作品』になる。

 

これを外すと

『注意深い人の筈なのに、ここだけぼけてる』という

  • 味になるか。
  • 傷になるか。

 

そして、『俺も鴨居で屈んでみたい……』という背の低い子の羨望とか

『毎回かがむのは面倒だぞ』という高い子の鬱憤とかが出てきて

これも一つのネタになる。

 

自分が鴨居に気付かない身長だと、永遠にそれに気付かないことも多いけど

『自分と違う所』を探して『確認』すると、それは確実に『ネタ』になっていく。

 

その『確認』するときに、

でも『200センチの鴨居もあるよ』などと言わない。

『規格』は『180センチなんだ』という『断言』が必要。

 

『180センチ』という『規格』を知っていれば

「ここは頭下げなくていいかららくでいい♪」とか

洋間の鴨居の高さを喜ぶ長身のネタも出てくる。

 

ネタって本当に『そういう簡単なもの』なんだよ。

難しく考えるから『出ない』と『思ってる』の。

 

まず『断言』することから始める。

『前提』を『曖昧』にしたまま進めない。

 

それでもネタは出ない。

『新しいネタ』なんて思いつかないよ、という人は

身の回りのもの全部に、『なぜこうなんだろう?』と疑問を持ってみるといい。

 

最悪『椅子はなんで「いす」って言うの?』とかね。

椅子 語源 - Google 検索

検索したサイトで知らない単語があったらまた検索する。

 

イス・椅子(いす) - 語源由来辞典

『禅宗』ってナニ?

『渡来』ってナニが渡来したの?

『唐音読み』ってナニ?

『高官』ってどこからが高官? というか、この時期の位階ってどうなってるの?

『近世』っていつから?

『西洋』ってどこを境に『東洋』になるの?

『洋間』の反対語は『和室』でいいの?

 

「椅子」 と「机」 の由来と語源 ? 由来メモ

渡来時期が鎌倉頃、って明言してある。

 

この数分だけで、あなたのなかに8個の『知らないこと』が『知ってること』に変わったよね?

その先にはまた倍々で『知ってること』に変わっていくよね?

そのなかの1割が『ネタ』になると思っていい。

なれたら、見たもの全部からネタは沸いてくるからw

 

ネタが多すぎてどれから作品にしていいのかわからーんっ!

って状態になったら、こういうことだね↓

【小説を書くために】物語はどうやって生まれるか | BL作家 晶山嵐の日記

振るい落として、『面白いのだけ』作品にできるようになると

あなたの人生は見違えるほどよくなる。

 

一つのネタにしがみつかずに、

とにかくネタを増やす。

思いついたものはメモする。

定期的にそれを読みかえして、思いついたものは追加していく。

 

『このネタをどうしたら「面白い作品にできるかな?」』常に自分に問いかける。

 

 

『作品にする』んじゃないよ。

『面白い作品にする』んだよ。

 

まず『自分が面白いと思う作品』を作ることを心がける。

 

面白くないと思ったら書くのをやめる。

【小説を書くために】『書き続けない』という選択。 | BL作家 晶山嵐の日記

 

『面白いものだけを完成させる』という『断言』が必要なんだ。

 

『面白いネタ』なんてないんだよ。

『ネタ』はただの可算名詞なんだ。

 

どんぶりはただのどんぶりなんだ。

そこに

  • うどんをよそうか
  • 親子丼をよそうか
  • どんぶりプリンを作るか
  • 水銀を満たすか

あなた次第なんだよ。

 

『面白いネタ』を探すから、見つからないの。

『ネタ』に面白いも面白くないもないの。

 

ニュートンは『万有引力の法則』を『見つけた』んじゃないの。

『リンゴが落ちた』という『ネタ』から『考えて』、『万有引力の法則』を『作品』にしたの。

 

どんぶりに手榴弾いれたっていいの。

ノートパソコンで暴漢を殴り殺してもいいの。

罫線のあるノートに絵を描いてもいいの。

ガムの入れ物に調味料をいれてもいいの。

 

『ネタ』は『ただの素材』なの。

調理方法でどうにでも変わるの。

 

だから『面白いネタ』ではなく、とにかく『ネタ』をたくさんたくさん集める

そのうちそれらのネタが集まって、大きな物語になるの。

【小説を書く】『ネタ』と『物語』の差、そしてヒキ【考察】 | BL作家 晶山嵐の日記

 

 

だから、とにかく『知らないこと』を『知ったこと』にするための行動を起こすのがいい。

前述したように

 

『すでに椅子は知っている』けれど、『掘り下げる』と『知らないものが出てきた』でもいい。

 

何も思いつかないなら

『アイテム名 語源』で検索して

知らない語句を片っ端からまた検索して

それを『類語辞書』とか『ネタ帳』にためていくのがいい。

【小説を書く前に】言葉の感受性を上げる方法【実践】【無料】 | BL作家 晶山嵐の日記

 

『ネタがない……』とツイッターに呟くぐらいなら、

『新発見を一つ!』見つけよう。

 

一年で365のことがらについて、知識が増えるよ♪

 

【小説の書き方】ネタを作るための『見聞を広げる』とは。

でした。

 

エンジョイ! & サンキュー♪

【この記事を書いた日 2016/11/06 11:49 】

 

 

JUGEMテーマ:小説を書くために

Comment
===================================================








   
Trackback
この記事のトラックバックURL

..
↓3D関係は↓
↓こちらに引っ越しました。↓

3DCG制作作業日記
-天川和香-WakaAmakawa

今後、こちらに3D関係の記事は上がりません。

今後、3Dの記事はこちらから削除していきます。

●小説のプロットに何のソフトを使うか。

●小説を書くために



昨日よりちょっとラッキーな今日♪
English Version
Automatic translation.

アマゾンタイムセール

多更新カテゴリ
小説を書くために
英語を学ぶ方法&記憶術
日記


スマートフォンでも読める晶山嵐の本(BL)
晶山嵐(晶山嵐子)の著書
晶山嵐(晶山嵐子)の著書
晶山嵐(晶山嵐子)の著書
晶山嵐(晶山嵐子)の著書
最新記事
カテゴリー
過去記事
ブログオーナーの正体
Search
Others
Mobile
qrcode
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ページランキング
ブログパーツ アクセスランキング